ゲイ&レズビアンの英会話スクール/サークルです。英会話の学習はもちろん、英語を通しての友だちづくりまで! 

クラスレポート

“nature”とは、生まれつき、持っている特性や能力について、言います。

“nurture”とは、生まれた後に、育っていく中で身につく特質や能力について言います。
12月11日(土)【レズビアン&ゲイの英会話クラス☆レインボー】のビギナークラスは、“Nature or Nurture”生まれつき?それとも、環境?について英会話をしました。(講師はアッシュレイ先生

忘年会シーズン、たくさんの人と話をする機会があります。

そんな時、「この人の話って、いつも面白いな」と思うことがあります。

「ユーモア」のセンスは、生まれつきなのでしょうか。

それとも成長する中で、育つものなのでしょうか。
クラスでは、グループごとに、

“nature”?それとも“nurture”?、もしくは、両方か話し合いました。

理由を話しながら、その度合いを表にしました。
表は10段階です。
生まれつきの度合いが強い要素は、0で、育った後天的な環境によるものを10としました。

わりと、みんな同じ見解だったのは、

  • skin color(肌の色)

もともと生まれたときから持っているという話になりました。
そして、見解が分かれたのは、

  • beauty(美しさ)

美しさは、生まれつき派と、環境派に意見が分かれました。

美しさを“Nature”としたチームは、もともと美しさは、生まれつきのものだという理由でした。

美しさを“Nurture”としたチームは、文化や時代によって美しさの基準は変わるから、という理由でした。
そしてクラスの最後に、

同性愛は、先天的?それとも、後天的?ということについて、“Nature or Nurture?トークしました。
これが、一番、みんなの意見がバラバラでした。
みなさんは、どちらだと思いますか?

(Shingo)

【英会話☆レインボーのクラスを見学する】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

タグクラウド

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。