ゲイ&レズビアンの英会話スクール/サークルです。英会話の学習はもちろん、英語を通しての友だちづくりまで! 

クラスレポート

 

特ダネスクープをかぎ回っている、しつこい芸能リポーターでも、このフレーズを言われたら、おとなしく引き下がらないといけません。

これ以上立ち入って訊かれたくない領域に踏みいるような質問を相手がしてきたとき、答えたくない、と丁寧にそして毅然として、そのことを相手に伝える英語のフレーズは?

“I’d rather not say”といいます。

それでも、空気が読めずに何で?何で?と聞いたら

F××k Off!!(うせろ!!)と云われても仕方ないくらいの表現です。

10月16日(土)【レズビアン&ゲイの英会話クラス☆レインボー】ドン先生のレギュラークラスより)

(Arashi)

【英会話☆レインボーのクラスを見学する】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

タグクラウド

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。