ゲイ&レズビアンの英会話スクール/サークルです。英会話の学習はもちろん、英語を通しての友だちづくりまで! 

クラスレポート

 

  • 「こんには、○○です。」
  • 「私の信仰は、××です。/私は、信仰を持っていません。」

このような自己紹介で、スタートした先日の【レズビアン&ゲイの英会話クラス☆レインボー】のレギュラー・クラス。

そして、きしくも、この日は、9月11日でした。

9年前の9.11では、世界が宗教間の戦争に突入したとも言われています。

一般的に宗教(信仰)は、人を困難があった際、羅針盤のように導いてくれるとも言われていますが、逆に多くの争いに利用されて多くの人を傷つけてきてきました。

そんなことも含めて、この日のクラスでは、信仰“religion”について英会話をしました。

(講師はアーロン先生)

信仰の考え方を知るために、まずは、宗教の種類や信仰の種類などを指す英単語を学びました。

その中から信仰“religion”に関連する言葉を紹介します。

  • atheism(無神論)
  • monotheism(一神教)
  • polytheism(多神教)
  • pantheism(汎神論:全ての物体や概念・法則が神である、という考え)
  • animis(アメニズム:木石なども生物と同じく霊魂があると信じる、考え方)

そして、クラスの最後に「同性愛者と信仰は必要派」「同性愛者に信仰はいらない派」に分かれてディベートしました。

信仰賛成派からは、「宗教によっては、同性愛を認めている。信仰を持つことで、前向きになれる。」

反対派からは、「宗教は、生まれた環境によって選ぶことが出来ない場合がある。同性愛に対して否定的な宗教が主流の社会環境の中では、信仰を持つこと自体が、同性愛者を不幸にする。」

などの意見が出ました。

そもそも、宗教や信仰について、日常では、なかなか話をする機会のない、この国の社会で、立場を明確にしてディベートすることは、なかなかヘヴィーな体験でしたが、考える訓練ができてよかったです。

セクシュアリティと、宗教についてのみなんさんの考えは?

(Shingo)

【英会話☆レインボーのクラスを見学する】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

タグクラウド

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。