ゲイ&レズビアンの英会話スクール/サークルです。英会話の学習はもちろん、英語を通しての友だちづくりまで! 

クラスレポート

 

    米国では、ゲイの男性異性愛者の男性で、初対面の自己紹介をする際に、自分の名前の名乗り方にある違いがあるそうですよ。

    マイケルなら「マイク」。ベンジャミンなら「ベン」。エドワードなら「エド」。ステファンなら「スティーブ」。

    ジョレル先生の米国滞在の経験則によると、異性愛者の男性の方が、自己紹介でこういうニックネームを名乗る傾向にあるそうです。

    「始めまして。マイクです」というように。

    それに対して、ゲイ男性の場合は、ニックネームでなく、きちんと本名を名乗るそうです。

    「始めまして。マイケルです」というように。

    そのため、「ベンジャミンです」「エドワードです」という風に、本名で名乗られると、ジョレル先生は、「この人も、もしかしたらゲイ?」と思ってしまったそうです。

    ゲイの人の方が丁寧だから?なんでしょうか。

    それとも「マイク」「ウィル」と呼び合う、異性愛者の男性同士の関係性と一定の距離を置くための無意識の結果なのでしょうか。

    いろいろと考えてしまいました。

    以上、7月31日(土)【レズビアン&ゲイの英会話クラス☆レインボー】の時、ジョレル先生から聞いた“nickname”の法則でした。

    (Shingo)

【英会話☆レインボーのクラスを見学する】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

タグクラウド

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。