ゲイ&レズビアンの英会話スクール/サークルです。英会話の学習はもちろん、英語を通しての友だちづくりまで! 

クラスレポート

 

    このたび5年近くに及ぶ日本滞在の後、故国カナダに帰ることになったピーター先生

    そのピーター先生もゲスト・ティーチャーとして参加した当日の英会話クラスでは、同じく同国人のドン先生が、ピーターが、日本での生活で染み付いた感覚を脱ぎ捨て、スムーズにカナダでの生活に移行できるようにといの、やさしい心遣い(?)から、カナダについてのジョークをテーマにレッスンが行われました。

    7月24日(土)【レズビアン&ゲイの英会話クラス☆レインボー】のレギュラー・クラスのテーマは、カナダのユーモア“Canuck Humour”でした。

    クラスの最後でピーター先生が一言。

    「だんだん懐かしくなってきた…」。

    ドン先生の狙いも、どんぴしゃなクラスとなりました。

    クラスで取り上げられた“Canuck Humour”の一部
    • If you’ve had a lengthy telephone conversation with someone who dialed a wrong number, you live in Canada.(間違い電話から長電話をしたことがあるなら、あなたはカナダに住んでいる。=カナダは国土が広く人々は離れ離れに住んでいるので、間違い電話でも、孤独さを慰めあう、という意味)
    • If you measure distance in hours, you live in Canada.(距離を○時間で測るなら、あなたはカナダに住んでいる。=ただピザを食べるために車で2時間かけて出かけることもあるとか。)
    • If you design your kid’s Halloween costume to fit over a snowsuit, you live in Canada.(防寒コートの上から着れるように、子どものハロウィンの仮装衣装をデザインするなら、あなたはカナダに住んでいる。)
    • If you know all 4 seasons; almost winter, winter, still winter, and road construction, you live in Canada.(4つの季節–ほとんど冬、冬、まだ冬、道路工事中、を知っているなら、あなたはカナダに住んでいる。=冬の長いカナダでは、ほとんどが雪に覆われているそうです。雪の重みで陥没した道を、雪のないわずかな季節見計らって修理する、そうです。)

    みなさんの“Canuck Humour”の感想は?

    (Arashi)

【英会話☆レインボーのクラスを見学する】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

タグクラウド

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。