ゲイ&レズビアンの英会話スクール/サークルです。英会話の学習はもちろん、英語を通しての友だちづくりまで! 

クラスレポート

 

世界のどの国にも、同性愛者が生活していることは変わらない事実でも、

国の制度として同性同士の結婚を認めるということになると、

同性婚に対する各国国民の寛容度は賛成、反対、国によって大きく違ってくるようです。

【レズビアン&ゲイの英会話クラス☆レインボー】2月27日(土)のレギュラーは、

「同性婚」“same-sex-marriage/”事情についてドンさんと英会話しました。

※写真はnikkei BPnetから

米国、英国、カナダの国民の同性婚に対する賛成・反対の割合についてレポートしている記事によると、

法律で同性同士の結婚が合法化されることにカナダ(61%)>英国(41%)>米国(33%)の順に国民の賛成の割合が高かったとのことです。

クラスでは「日本で同性婚が出来るならしたいか?」というトピックについても英会話しました。

皆さんからは「同性婚するには、親や周囲にカミングアウトをする必要があるから難しい」という意見が多く聞かれ、

同性婚とは単純に国の制度だけの問題でなく、同性愛者ひとりひとりを取り巻く環境も関係しているテーマだ、

ということを実感したクラスでした。

(shingo)

【英会話☆レインボーのクラスを見学する】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

タグクラウド

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。