ゲイ&レズビアンの英会話スクール/サークルです。英会話の学習はもちろん、英語を通しての友だちづくりまで! 

クラスレポート

 

どちらも「~したい」や「~を希望する」といった希望・願望の意味を持つ動詞である“wish”“ hope”

その“wish”と“hope”の意味の違いについて、2月13日(土)【レズビアン&ゲイの英会話クラス☆レインボー】レギュラークラスで勉強しました。(講師はマイク先生♪)

マイク先生の説明をノートにメモしておいたので、

クラスで実際に使われた例文と一緒にまとめてみました。

まさに復習ですね。

さて、その“wish”と“hope”の違い。

単純に言うと wish が「実現の可能性があまりないことを希望」するのに対し、

hope は「可能性があることを希望」するところ

が違いのようです。

まずは、シンプルな方のhopeからふれていきます。

hope ⇒「実現の可能性のあることを希望するときに使う」(“possible situation”)
  • I hope I will go to Canada next summer.(次の夏にカナダに行きたい)
  • I hope it doesn’t rain tomorrow.(明日、晴れたらよい)

次は wish について。

wish ⇒「現実とは反対のことを希望するときに使う」(“opposite of reality”)

現在や未来のことに対する願望を述べるときには、wishの後の節の中を過去形に、過去の出来事に対する願望を述べるときは、wishの後を過去完了にします。

  • I wish I had a car.車があれば良いのに(実際には車を持っていない)
  • I wish I could play the piano.ピアノが弾けたらよいのに(実際には弾けない)
  • I wish I were better with computers.コンピューターに強ければ良いのに(実際には弱い)
  • I wish I hadn’t gone to the party.パーティーに行かなければ良かった(実際には行った)

※写真:「I wish I were a bird」と検索して見つかった写真。写真共有のlivedoor PICS(ピクス)より

●ただし

ただし、"wish"のうしろが(節=主語+動詞)ではなく、「人+物などの名詞」が来る場合は、

(現実に反する願望ではなく)純粋にそうあってほしいと願う気持ちを表すそうです。

  • We wish you a Merry Christmas.メリークリスマス!!
  • He wishes me health and happiness.彼は私の健康と幸せを願っている。
●「似た意味を持つ言葉の違いシリーズ」(その2)はマイクのブログで!

さてさて、とっても「英会話クラスっぽい」勉強をしたマイク先生の授業でしたが、

それだけに飽き足らず、クラス後の会食でも、「“ashamed”(恥じて)と“embarrassing”(当惑して)の違いは?」ということに話題が及びました。

こちらは最近始めたばかり、というマイク先生のブログ Englishhelponline’s Blogでチェックしてみてくださいね。

(Arashi)

【英会話☆レインボーのクラスを見学する】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

タグクラウド

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。