ゲイ&レズビアンの英会話スクール/サークルです。英会話の学習はもちろん、英語を通しての友だちづくりまで! 

クラスレポート

10月17日(土)のレズビアン&ゲイの【英会話☆レインボー】レギュラークラスのトピックは、

Gay Samurai Story~真のラブストーリーの条件は?でした。

(講師はピーター)。

 

井原西鶴(SAIKAKU IHARA)の江戸時代の古典

『男色大鏡』の英訳COMRADE LOVES OF THE SAMURAI

からのテキストを読みながら、「ラブストーリー」についてみんなで話しあいました。

 

敵(かたき)同士の悲劇的な恋。

犯罪的なまで年齢が離れたふたりの恋。

身分の違いが乗り越えるべき障害となる恋。

それら、すべてが、男同士のラブストーリーでした。

 

現代から数百年も時代が隔たっていることに加えて、

英語に翻訳された男同士の恋物語を読むという、

何重にもねじれた、ねじれ現象の中での男たちの「純愛」に

触れて、みなさん心なしがバッドトリップ状態?

 

ひとつの話を読み終わるたびに、

「この物語のどこに共感できた?」

というピーター先生からの質問にも、

「ないない」とツッコミの嵐。

 

クラスの最後で、ピーターが、

「西洋の現代のゲイのラブストーリーは、だいたい“ゲイである”ということが(葛藤であれ、喜びであれ)物語の主要なテーマになっているのに、『男色大鏡』の中の男たちは、同性同士である、ということを何にも気にしないで、同性同士で恋している、のが不思議だ」

という趣旨の感想を述べたことが印象的でした。

みなさんの感想は?

Comrade Loves of the Samurai

(Arashi)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

タグクラウド

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。