ゲイ&レズビアンの英会話スクール/サークルです。英会話の学習はもちろん、英語を通しての友だちづくりまで! 

お盆休みの過ごし方

クラスレポート

8月22 日(土)【英会話☆レインボー】のビギナークラスでは「お盆休みの過ごし方」について英会話しました。(講師:ドン先生)

会話をする際、出来事を視覚的に伝えると、相手に理解をしてもらいやすいそうです。視覚的に伝えるために、カレンダーと、色や長さが異なる積み木(鉛筆サイズ)を用意しました。そして今回のレッスンでは、それぞれの「お盆の過ごし方」を以下のルールで、伝えました。

◆ルール
  • 1、出来事を説明したとき、その日付のところに積み木を置く。
    • 例)8月1日に田舎に帰省したら、8月1日のところに積み木を置く。
  • 2、一緒に出かけた人数を説明したとき、出かけた日付のところに積み木を置く。
    • 例)田舎に滞在中(8月3日)、花火大会に3人で出かけたら、3個の積み木を置く。

出来事を表現する積み木の、人を表現する積み木のそしてを工夫することで、視覚的に説明を補足する事が出来ます。

実際に皆さんが過ごしたお盆休みは、

  • サマーソニックのライブへ行ってきた。
  • 実家に帰省をしていた。
  • お墓参りへ行ってきた。
  • トルコへ行ってきた。
  • プールへ行ってきた。

など様々でした。

ところで、『お墓』のことは、“grave”ですが、説明をしてもらった際に何を言っているか分かりませんでした。

そのときに、上記のルールを無視していますが、小さな積み木を使って、お墓の形を作って単語の説明をしてくれました。視覚的な表現は、伝えやすいですし、理解しやすいと思いました。

(Shingo)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

タグクラウド

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。