ゲイ&レズビアンの英会話スクール/サークルです。英会話の学習はもちろん、英語を通しての友だちづくりまで! 

クラスレポート

3月29日エイドリアンのレギュラークラスのテーマは“reserved”(控えめな、遠慮がちな)人“shy”(内気な、恥ずかしがりや)な人との違いでした。

日本語に訳されたレベルで考えると、「遠慮がちで控えめな人」でも、「内気で恥ずかしがりやな人」でも、たいして意味に違いはないように感じられます。あるいは英語のレベルでも、事情は同じなのかも知れません。

しかし、エイドリアン先生には、“shy”と“reserved”を、ニュアンスの上ではっきりと区別する方法があるそうです。その決め手になるのは、その人の“視線”にあるそうです。

つまり、恥ずかしがって、こちらの目を直視することができない位、恥ずかしがりやの人をエイドリアンは“shy”な人と感じ、目をそらすようなことはないけど、すべてまでは表にさらけ出さない控えめな態度の人のことを“reserved”と感じる、とのことでした。

相手の目線によって、shyとreservedを使い分けるエイドリアン先生の方法、なるほど納得という感じですね。

みなさんにとっての、「控えめ」v.s.「内気」の境界線はどこにありますか?

(Arashi)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

タグクラウド

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。