ゲイ&レズビアンの英会話スクール/サークルです。英会話の学習はもちろん、英語を通しての友だちづくりまで! 

体験レポート

クトラルク先生からのメッセージ

■嬉しい歓迎

ドンの授業とアフタークラス・パーティに出てからもう2週間経った。土曜日の夜、ドアを開けると、Mikakoが「クトラルク! 久しぶり!」と叫んで、僕の腕の中に飛び込んできた。そして、大きなハグをくれた――これ以上嬉しい歓迎を受けるのは難しいと思う。他の人たちもハグして くれたり、「ハロー」って叫んでくれたり、僕のことを見て驚いたみたいだった。すばらしい。友達のところに帰ってくるのはいいものだ。

■「ここは、レズビアンバーだよ!」

いつものように、ドンの授業はすごかった。最初の一時間は、クラス中でおしゃべりしたり、みんなに最近何が起こったのか知ったり、質問しあったりした。すごく興味深い経験をしたのはLだ。彼が言うには、最近台湾に 行ったとき、ゲイバーを訪れた。きちんとした人からいいバーだとオススメされたところだったそうだ。彼がそのバーにいってみると、みんなすごくキュート だったけど、ちょっと冷たかった。みんな彼のことを見てくるけど、誰も話しかけてはきたがらなかった。やっと一人話しかけてきたとおもったら、こんな冷たい質問をしてきた。「なんでここにいるの?」Lは、ここにいるのはカワイイ子と知り合うためだってのは明らかなのに、変な質問だなと思った。そこで、「カ ワイイ子が好きだからね!」と答えたところ、質問してきた子は「ここにはかわいい子なんていないよ!」といった。周りにかわいい子がたくさんいて、踊ったりおしゃべりしたりしているのに、これまた変な質問だとLは思った。「どういうこと?」とLがきくと(全て英語で、Lは中国語が喋れないから)、「ここはレズビアンバーだよ!」と彼の新しいお友達は叫んだそう。

■学びたい言語は何語?

次の一時間では、ドンは、言語習得と教授法と いう、彼の研究内容について話してくれた。授業の初めに、ドンは僕たちをいくつかのグループに分けた。ドンは僕たちにこんな質問を投げかけた。「どの言葉 を、最初の言葉として学びたかった(英語を除いて)?」僕たちは、スペイン語を学びたかったグループ、フランス語を学びたかったグループ、そして中国語を 学びたかったグループという大きな三つのグループと、韓国語を話して育ちたかったという数人に分かれた。また、一人はドイツ語といったし、日本語といった のはもちろん僕だけだった。僕の第二候補は中国語だったから、僕は中国語のグループに入れられた。

■ゲイ会話での出会い

中国語グループには、あと二人、PとYが いた。僕たちは、一ヶ月間集中的に中国語を勉強するとしたらどんなことを学ぶかについて話した。僕は、文字を読めるようになって、メニューを頼めるように なりたいといった。そうすれば、台湾や中国を訪れた際に自分が食べたいものを食べられるから。Pは、会った人とちょっとした会話ができるようになりたいと いった。Yは一人で旅行できるようになりたいといっていた。このときが、韓国出身のPと会った初めての機会だった。彼は日本に越してきたばっかりで、日本語と英語を勉強しているとのことだった。彼の英語はとてもすばらしく、彼の日本への印象を聞くのはとても興味深かった。彼が言うには、この授業が彼にとってのゲイデビュー、ゲイに関するものへの初めての参加だった。僕はすごく驚いたし、ゲイ会話がどれだけたくさんの人にとって大事なものかを考えさせられ た。みんなゲイ会話で友達を作り、ボーイフレンドと会って(僕みたいに!)、ほんとにたくさん新しいことを学ぶ。

■集中言語コースの経験

集中言語コースで何を学びたいかのリストを作ったあと、僕たちは二つの大きなグループに分かれた。これらふたつのグループでは、ドンのトルコ語の集中授業に参加し、その経験談を話すためにこの授業にきたYとKに質問をすることで、ドンの集中授業について学んだ。YとKは8時間トルコ語を学習し、K は実際にドンと一緒に数週間前にトルコに行った。8日間にわたって、YとKは一日に一時間ずつトルコ語を勉強した。そこでは、食事の頼みかた、道をたずね かた、簡単な質問のしかた、そして数の数え方、いくつかのサインの読み方を習った。二人ともとてもおもしろかったし実用的だったといっていた。Kは、トルコにいた間、トルコ語を使うチャンスがあったし、集中授業でつちかった言語能力があったから一人旅をする自信も感じたといっていた。

■仮想海外旅行@イスタンブール

授業は、イスタンブールに ある様々なタイプのゲイバーの情報をみて終了となった。行くことのできるバーを見たり、トルコがどんなところか想像したりするのは楽しかった。全体とし て、とても楽しい授業だった。参加してみて、他の人々が言語習得についてどんなことを考えているのか、言語、特に英語を使ってどんなことをしようとしてる のか、そしてみんなのことについて多くの情報を得ることができた。元ゲイ会話講師としては、ドンがどれだけすばらしい講師であるか、どれだけ準備してきて いるか、そして授業中の彼の熱意をより認識できた。授業が面白いのは、ドンが自分の仕事を愛していて、その熱意をみんなと共有しているからだろう。ありがとう、ドン!

■美味しい食事と楽しい歓談

アフタークラスパーティもすごく楽しかった。このパーティのテーマは『春』で、テーマカラーももちろんピンク。パーティは楽しく、食べ物も美味しかった。ベジタリアンだからいくつかの料理に関しては美味しそうな匂いをかいだだけだったけど。僕はハムと野菜のサンドイッチを、誰かにサンドイッチから取り出したハムを食べてもらいながら食べた。パーティに来たことで、今まで話すことのできた人以外とも話すことができた。僕はTとM、Yとはたくさん、そしてSと 喋って、Tの近況についてやJの新しい彼氏について話した。僕はShingoとArashiが作ってくれたビンゴをした。僕たちは、他の人に話しかけて、それぞれ自分たちにどんな英語の名前をつけるのがいいか聞くように言われた。僕の場合はどんな日本語の名前がいいかについて。僕には「ゴロー」とか 「ゴンタ」とか「リュウタロウ」とか、これ以外に6つの名前を提案された。ゲームの勝者として(僕は9人から名前をもらった)、ちょっとした賞をもらった ので、パーティに来ていた人何人かとキャンディを分けることができた。すごく素晴らしい時間を過ごせたし、毎月のパーティに多くの人が参加していてとても 嬉しく思う。

■僕が思い浮かべているのはGaykaiwa

授業が終わると、「ゲイ会話Gaykaiwa」(レインボーのこと)に戻ってくることがどれだけ感動的だったかということに気付いた。たった8ヶ月しか離れていなかったのに、すごく昔のことのようにもつい昨日のことのようにも感じる。僕が今住んでいるカリフォルニアで はまだゲイコミュニティに参加するチャンスに恵まれていない。学校の同級生や昔からの友達はいるけど、今の生活にゲイ会話みたいなものはないし、なくて寂 しい。日本のことを考えるとき、日本にいる友達のことを考えるとき、日本にいたら行きたいところを考えているとき、僕が思い浮かべているのはゲイ会話だ。 パーティの間、ほんとうにたくさんの友達と話したり、お互いの生活について質問したり、ただ一緒に時間を過ごしたりする機会があった。それはブログを読ん だり、電話で話したりするのとは違うこと――僕が気にかけている人たち、一緒にいて楽しめるあんなにたくさんの人々と同じ部屋にいるのは、ただそれだけで いいことだ。

■大事なもののたくさんは東京に

僕の生活は、ここ数年で劇的に変わってしまった。東京からカリフォルニア州スタンフォードに引っ越すのは簡単なことではなかった。スタンフォードでの、社会学・文化人類学学科の大学院生としての生活は、学生でいることとカリフォルニアでの生活を楽しんでいるから、すばらしい。僕の大学院は、シリコンバレーの中心街、インターネットとドットコム産業のアップルコンピュータの 本拠地、パロ・アルトにある。スタンフォード・キャンパスは美しくて、活気に満ちたインテリコミュニティのある場所だ。でも、いまだに自分の生活をアメリカに合わせている感じがする。もちろんボーイフレンドに会えなくて寂しいし、上に書いたように、東京に長いこと住んでから僕の大事なもののたくさんは東京にある。いつ戻るかわからないけど、訪れるだけにしても住むにしても、僕がいつでもゲイ会話Gaykaiwa、ごくのコミュニティである友だちのところへ 戻ってくるのを楽しみにしているというのは確かだよ。

(クトラルク)

It’s been two weeks since I attended Don’s class and the after-class-party. As I walked through the door Saturday night Mikako screamed "Kutraluk! Hisashiburi!" and jumped into my arms and gave me a big hug–it’s hard to have a better welcome. Other people hugged me and shouted hello and everyone seemed surprised to see me. It was wonderful. It was good to be back with friends.

As usual, Don’s class was great. We spent the first hour going around the class chatting, learning about what had happened recently with everyone, and asking questions. One of the more interesting experiences was L’s. He said that he had recently been to Taiwan and had gone to a gay bar. He said that the bar had been recommended to him as a good bar for nice guys. He went to the bar and thought that the guys were very cute, although a little unfriendly. The guys looked at him but didn’t seem to want to talk to him. Finally, someone talked to him but they asked a kind of unfriendly question: "Why are you here?" L thought that this was a strange question because it was obvious why he was there–to see and meet cute guys. He said "I like cute guys." The person who asked him said: "There are no cute guys here!" L also thought this was strange because all around him were so many cute guys dancing and talking and having fun. "What do you mean?" asked L (all in English, since L does not speak Chinese). "This is a lesbian bar!" shouted his new friend.

During the second hour Don talked about his research on language acquisition and teaching. At the beginning of class Don organized us into groups. Don asked us this question: "What language do you wish you had learned as a first language (besides English)?" There were three large groups of people who wanted to learn Spanish, French, and Chinese, and a couple of people who wanted to have been brought up speaking Korean. One guy said German. I was the only one who said Japanese, of course. My second choice was Chinese and so I was put into the Chinese group.

In my Chinese group there were two other students: P and Y. We talked about what we wanted to learn in Chinese if we could study it intensively for one month. I said that I wanted to be able to read and order form a menu so that when I traveled in Taiwan or China I would be able to eat what I wanted. P said that he wanted to be able to carry on small conversations with people he met. Y wanted to be able to travel by himself. It was my first time meeting P, who is from Korea. He just moved to Japan and is studying Japanese and English. His English was very good and it was interesting to hear about his impressions of Japan. He said that this class was his gay debut, his first time participating in anything gay related. I was surprised and it made me think about how important the gaykaiwa is for many people. People make friends, meet boyfriends (like me!), and learn so many new things at the gaykaiwa.

After we created our list of things we wanted to learn during an intensive language class we were formed into two large groups. In these two large groups we learned about Don’s intensive classes by interviewing Y and K, two Gaykaiwa students who had attended his class on Turkish were in the class to talk about their experience. Y and K had spent eight hours studying Turkish and K actually went to Turkey with Don a few weeks ago. For eight days Y and K studied Turkish for just one hour a day. They learned how to order a meal, ask for directions, ask simple questions, and how to count and read some signs. They said it was very fun and practical. K said that during his time in Turkey he got a chance to use his Turkish and felt confident that he could travel by himself because of the language skills he had developed during his intensive class.

We ended the class by looking at information about the different types of gay bars that are in Istanbul. It was fun to look at the selection of bars available and to imagine what Turkey is like. Overall, it was a fun class. As a participant I learned a lot of information about what other people thought about language learning, a little about their dreams for using language, particularly English, and also a little about them. As a past gaykaiwa teacher, I appreciated even more how wonderful a teacher Don is, how prepared and passionate he is when he comes to class. The classes are fun because Don enjoys his work and loves to share that passion with everyone. Thank you, Don!

The after-class party was a lot of fun, too. The theme for this party was "Haru!" and the theme color was, of course, pink. The party was fun and the food was great, although since I am a vegetarian I could only smell how delicious some of the food was. I ate some ham and vegetable sandwiches by getting help from a few people who ate the ham I took out from the sandwiches. Having a party to go to allowed me to talk to even more people than I would have been able to otherwise. I spoke to T and M, a lot to Y and S, learned more about what was going on with T’s life and J’s new boyfriend. I even played the bingo game that Shingo and Arashi had created. We were asked to talk to other people and see what kind of English names they thought would be good for us. In my case, I aked what would be good Japanese names for me. I got suggestions like: Goro, Gon-ta, Ryutaro, and six other names. As one of the winners of the

game (I got suggestions from nine people) I got a little prize and so was able to share some candy with some of the other party goers. All in all, I had a great time and I’m glad that the monthly parties are so well attended.

After the class I was struck by how moving it was to go back to the gaykaiwa. I had only been away for eight months but it both seemed like a very long time and also like yesterday. In California, where I am living now, I have not had a chance to become a part of a gay community. I have my colleagues from school and I have some old friends but there’s nothing like the Gaykaiwa in my life and I miss it. When I think of Japan, when I think of my friends in Japan, when I think of where I want to go and be when I am in Japan, I think of gaykaiwa. During the party I had a chance to talk to so many friends, to catch up on their lives, and just to spend time with them. It’s different from reading a blog or talking over the telephone–it’s just nice being in the same room with so many people I care about and enjoy being with.

My life has changed dramatically over the past year. Moving from Tokyo to Stanford, California has been difficult. My life at Stanford as a graduate student in the Department of Social and Cultural Anthropology is nice since I enjoy being a student and life in California. My graduate school is located in Palo Alto, a town in the middle of Silicon Valley, home of the Apple Computer, the internet and the dot com industry. The Stanford campus is beautiful and it’s a place with a vibrant intellectual community. However, I still feel like I’m adjusting to life in America. I miss my boyfriend, of course, and as I said above, after living in Tokyo for so long so many of the important things in my life are now in Tokyo. I don’t know when I will be back, whether to visit or to live, but you can be sure that I will always look forward to going back to the gaykaiwa, my community of friends.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

タグクラウド

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。