ゲイ&レズビアンの英会話スクール/サークルです。英会話の学習はもちろん、英語を通しての友だちづくりまで! 

体験レポート

■早いもので、英会話レインボーに参加してから、はや四ヶ月になります。。。。。
(回顧録みたいになっててすみません……)

その間、用事があったりして英会話に参加できないことも多々ありましたが、
今でも継続して出席できているのは、気さくな雰囲気が教室に流れているから
だと思います。

■教室の玄関前に着くと、今でも、やや緊張したり、
しっかり事前に勉強してくれば良かった、と一瞬後悔したりするんですが、
部屋の中に入るとアットホームな雰囲気なので、
そんな事もすぐ忘れてしまいます。いい事なんだか悪い事 なんだか。。。(笑)

■僕はヒアリングとスピーキングに物凄い苦手意識があり、
昔(8年位前)、ア○クの1000時間ヒアリングマラソンとか
を通学時にやっていた事もありました。

でもまさしく聞き流しているだけで、何の進歩もなかったです(苦笑)。
………どうでもいい前置きを書いてしまいました(>_<)

■授業について書きます。
11月25日は久しぶりに授業に出たので、
少しは積極的に参加して頑張らない となぁと思っていました。

自分の好きな料理は何か? なぜ好きなのか? そして、その料理の作り方は?
という質問に対する答えを、二人一組で組んだ相手に英語で説明するという授業でした。

ちなみに、僕が好きな料理は……豚汁。
理由は作るのが簡単だからです!(^0^)/(笑)
ちなみに、英語で豚汁は何と言うのかわかりませんでした(まんまですかね?)。
どなたか知っている方いましたら、次回機会あるときに是非教えて下さい。。。

■………今回いつもより積極的に参加して感じたのは、
積極的に参加すればす ほど自分のためになるんだなということでした。

頭ではわかってはいましたが、
苦手意識や恥ずかしさが邪魔して、今までそれができなかったんです。

でも実際におぼつかないながらも発言してみて(と言ってもほんとにボソボ
ソっとですけど)、自分の為になっているのを実感出来て凄く楽しかったし、
のおかげで、間違えてでも多少わからなくても、なるべく話していこうという
気になれました。これは今回の大きな収穫でしたね。(^O^)

■ヒアリングマラソンを
ひたすら聞き流していた時は一方的に英語が耳を通っ ていただけで
何の緊張感もありませんでしたが、
英会話では実際に相手の英語を理解した上で
自分も英語で返答しなければいけません(当たり前ですが)。

ヒアリングマラソンで、いかに自分が適当に聞き流していたか、
痛感させられましたね。(>_<)

大量に英語を聞き流していたら、
ある日英語が突然理解出来るようになる訳ではなく。

お互いを理解しようとする必死の気持ちのやり取りがないと、
一向に会話は上達しない。そのやり取りが上手く出来て嬉しくなるからこそ、
また次頑張 ろうという気持ちに繋がる。

これが自然な流れなんだなと。
そんな当たり前の事に、今回気付かされました。

■最後は、
カルーアをオレンジジュースで割ったものをみんなで軽く一杯飲みました。
(これって授業なんですかね??笑)

中には一杯飲んだだけで赤くなってほんわか気分になっている人もいて、
あぁこうやって今までカワイイコアピールをして、
殿方をことごとく落としてきたのかと、痛く感心させられました(笑)。

僕も早速、真似せねばと思いました。
まぁ効くかどうかわかりませんが。。。(汗)
本当に色々と、タメになる内容でした(笑)。

(KOU)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

タグクラウド

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。