ゲイ&レズビアンの英会話スクール/サークルです。英会話の学習はもちろん、英語を通しての友だちづくりまで! 

体験レポート

 

2月12日(土)のクラス。
ということは、あの日の2日前。
とくれば、トピックは? 
そう!テーマはバレンタイン・デイ(St. Valentine’s Day)でした~。

■『バレンタイン東西事情』
はじめにKutraluk先生の方から
「みなさん~、日本とアメリカのバレンタインの違いは?」という英語の質問です。

「日本人をチョコ好きにしてしまえ~、というお菓子会社の陰謀だ!」 
なんて話もあったくらいなので、これは簡単ですね。
アメリカなど欧米ではこの日にチョコレートを贈るという風習はないそうです。

でも、東西バレンタイン・デイの違いは、それだけではありませんでした。
日本では「女性→男性」と「一方通行」だけど、アメリカやイギリスでは、
愛し合っているもの同士が「おたがいに」(つまり「男←→女」、「女←→女」、「男←→男」が)
プレゼントを贈りあう。これこそ一番の違いなんだそうです。知りませんでした。

14日、偶然、デパ地下を通りかかったのですが、チョコ売り場は黒山のひとだかり。
ついつい素通りしてしまいました。「どうせ自分には関係ないや」って冷めてたというより、
この日の男女間のあの熱気には入り込みたくても入り込めないものがある、というのが正直なところ。

だって14日に好きな男の子のために男性がチョコ売り場に行くなんて、ちょっと勇気がいりますもんね。
白鳥の群れの中の「みにくいアヒルの子」みたいですね?
そんなわけで、私としては、オリジナルのバレンタインデイの方が、
親しみやすいかな、と思ったエピソードでした。

■『とは言っても愛は世界共通ということで』
授業は続き、次は「愛をかわすときの日本語の表現を英語に訳そう」なんてレッスンです。
(ちょっと恥ずかったです~)

流れとしてはまず「愛し合っている二人が言う表現(たとえば「愛してるう」)」
を日本語で紙に書きます。そしてそれをシャッフルして、別の人に英語に訳してもらう。
というお勉強でした。

紙が配られると、みなさん、すぐに3つ、4つすらすらとロマンチックな表現書いていました。
私は…。なかなか思いつかなくて…。
ひごろから、殺し文句のひとつやふたつ準備しておいた方がいいんですね。

それでも、なんとか頭をひねって紙に書いた表現が

「おやすみ。チュッ。」

というもの。(でも、口で言うと変ですけど、このフレーズ結構使えるんですよ。
ちょうど寝る前にメールで。ぴったりだと思いませんか?)

一方、私のところまわってきた紙切れは、

「なぜだか君のことが気になって仕方がない。」

というもの。
(えっ、こんなこと言われたい、
でもこんなの英語でなんていうんだろう?と思いつつ)

ちょっと考えてみて、

I can’t get you out of my head.

なんて訳してみました。
先生にチェックにもらわなかったのですが、どうなんでしょうか?

ちなみに、私が書いたフレーズはどうなったかといいますと?
なんと、お隣に座っていたHiroshiさんのところにありました!!

Good Night! Kiss.

Hiroshiさんは、そんな訳をつけてくださっていました。
Thank you!!Hiroshiさん。
これで英語でもおやすみメールできます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

タグクラウド

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。